BLOG

小中一貫教育について他市事例を研究

小中一貫教育について、お隣姫路市のお話を伺う機会をいただき、勉強に行ってきました。
姫路市では平成23年から全市で小中一貫教育が行われているとのこと。
高砂市同様、一つの小学校から二つの中学校に進学する校区もあるため、参考にしたくお話を伺いました。

姫路市の小中一貫教育の目的は教職員の指導力向上・学力向上・人間関係力の向上の三つ。
9年間のカリキュラムが作られ、小学校から中学校まで一貫した教育が行われているとのことです。
また、長期休業には指導主事もともに教員の方々の研修が行われているとのことで、指導力の向上については特に成果が出ているとのことでした。

最大の着目であった一つの小学校から二つの中学校に進学する校区については、なかなか難しさもある中で、できることから取り組んでいるとのこと。
生活目標や基礎学力向上への取り組みについては一つの取り組みの中で行っているそうです。

子どもたちにとって良い環境になっているのか、これから開始される予定の高砂市の全市的な一貫教育についても、今日伺ったお話も参考に考えればと思っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP