曽根地域交流センターについて委員会で報告を受けました

10月の各常任委員会にて、曽根地域交流センターの基本計画について報告がありました。

令和6年度からの供用開始に向けて、まずは地元説明会を行っていくとのことです。

<資料>曽根地域交流センター 基本計画書素案概要

この施設は旧教育センター跡に建設予定で、現在曽根交差点南東にある公民館と消防分団車庫を移転、公民館は地域交流センターとして新たに位置づけられるものです。

また、高砂市西部の子育て支援拠点として、子育て支援センターも併設されます。

これまでも計画として様々な調整が行われてきた旧教育センター跡地の活用ですが、いよいよ基本設計に移る中で、現在の素案をもとに地元に説明が行われるとの報告でした。

私の所属する建設環境経済常任委員会では、道路の設計等について議論がありました。

また、基本設計を進めていく中で、皆様のご意見をいただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です