市政報告会を開催しました

11月17日、市政報告会を開催しました。

定例会の報告に加え、今後検討される予定である課題についてもご意見を伺いました。

2期目初めての市政報告会は、これまでの定例会報告だけでなく、今後の課題についてもご意見を伺おうと企画しました。

今回のテーマは「公共施設の管理」、「市民病院の経営」、「水道料金の改定」の3テーマから参加いただいた皆さんに選んでいただきました。

公共施設の管理については、現在、市の考え方について説明会が開催されています(詳細はこちら)。

また、過去のブログでもお知らせしています。

市民病院の経営については、9月定例会にて医療関係者らからなる「市民病院あり方検討委員会」を設置する条例を可決したところです(詳細はこちら)。

水道料金については、平成30年3月に示された水道事業ビジョンにおいて平成32年度での料金改定の必要性が示されています(高砂市水道事業ビジョン)。

これら3つのうちから、特に興味関心を示していただいた「市民病院の経営」と「水道料金の改定」についてご意見を伺いました。

市民病院の経営については、機能の転換についてのご意見を多くいただきました。

水道料金の改定については、現在の安さから、高砂のメリットが薄れることを懸念するご意見、必要であれば改定するべきというご意見などこちらは様々なご意見をいただきました。

いただいたご意見はこれからの議会活動に活かしていきたく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です