誰一人取り残さない行政サービスについて一般質問

9月定例会の一般質問は「統合医療の推進について」と「誰一人取り残さない行政サービスの実現について」の2テーマで一般質問を行いました。

誰一人取り残さない行政サービスについては、広報のあり方や書類へのサポートについて伺いました。

行政サービスについては、そのサービスがあることを知らせること、そのサービスを利用しやすくすることが誰一人取り残さない行政サービスにつながると考えています。

広報のあり方については、プレスリリースの方針やSNSでの情報発信の考え方について伺いました。

プレスリリースは市の情報を伝える手段の一つとして充実させてほしいと考えています。

また、SNSについては、それぞれのSNSにあった発信を求めました。

書類申請については、そもそも書類の難解な部分を可能な限り解消すること、その上でサポートが必要な場合にはサポートを行う体制が必要であると考え、質問しました。

新庁舎での窓口業務が11月半ばから開始するにあたり、書類をサポートするコンシェルジュのようなスタッフも検討したものの、費用面で断念したとの回答は残念でしたが、今後必要性が感じられた際には課題に合った解決策を検討していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です